~福井の収益物件で資産運用~ 福井の優良不動産会社まとめ

top > 福井の収益物件を探すコツ > 不動産売買に必要な知識と書類

不動産売買に必要な知識と書類

不動産売買をするときに必要な知識とはなんでしょうか。不動産を売る場合には、まずどのような書類が必要かを知っておかなければなりません。必要なものは売り主に関するものや権利に関するもの、そして建物に関するものの3種類になります。
売り主にとって必要なものはまず身分証明書になります。身分を証明することができる免許証や保険証を必要とします。実際に提出する場合はコピーになりますので、あらかじめコピーを用意しておきましょう。自宅でコピー付きのプリンターなどがあると便利です。
実印や印鑑証明書も必要になります。実印がなければ印鑑証明書自体も存在しません。実印がない人は、まず実印をつくることから始めなければなりません。実印をつくる場合には三文判でも問題ありませんが、そこらへんに売って進WE いるものであればほかの人も簡単に手に入ってしまいますので、できれば専用の業者に作ってもらうのがよいでしょう。
実印にこだわる人は100万円ぐらいお金をかけますが、3万円もあればそれなりのものをつくることが可能になります。実印ができたら、市役所に印鑑証明書を押してもらいます。
その印鑑が本当に実印であることを証明してくれます。実印を使う場面は契約をするときですが、使わない時もあります。それ以外にも住民票が必要になります。これらは住宅を購入する場合にも必要になります。

権利に関するものは、売却する場合であれば登記済み権利書または登記識別情報になります。登記済み権利者に関しては、法務局から登記主に交付されるものになります。
これはその不動産が投機主が所有していることを証明するものになりますので、非常に重要です。次に、固定資産税の納税通知書や固定資産税評価証明書も必要になります。
土地測量図や境界確認書もまた必要になります。古い家であれば境界線がはっきりしていないことがありますので、どこまでが境界線なのかを明確にする必要があります。この時に境界確認書を所有しておけば、住宅を購入した人もどこまでが自分の土地なのかが分かりやすいでしょう。
住宅を購入する場合は不動産の書類を持っていないため提出するものは特にありません。

建物に関するものは、耐震診断報告書やアスベスト使用を査報告書などです。これらを所有している場合は不動産会社に提出をしておく必要があります。またマンションに関してはマンションの管理規約そしてマンションの維持費にかかわる書類を提出しておくべきです。
管理規約はそのマンションをリフォームするときに重要になります。住宅を購入する時は、これらの書類を持っていないので購入者には関係ありません。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP